1. ホーム
  2. メンズ脱毛施術方法
  3. ≫レーザー脱毛の仕組みや効果

レーザー脱毛の仕組みや効果

レーザー脱毛の仕組みや効果
クリニックや病院といったいわゆる医療機関で提供される脱毛施術がレーザー脱毛です。サロンやエステで提供される光脱毛よりも高周波のレーザーを照射する方法であるため、医療機関でのみ施術が許可されている脱毛方法です。

管理人

レーザー脱毛は男性の濃いムダ毛をしっかり脱毛できるから最近はとっても人気急上昇の脱毛方法だよ。

カーネル

ただ、医師の在籍している病院でしか脱毛施術を受けることが出来ないので、脱毛サロンやエステに通うとレーザー脱毛は受けることは出来ないよ。

レーザー脱毛とは

レーザー脱毛とは
医療機関における安全性と高い脱毛効果を誇るレーザー脱毛に関して紹介していきます。以前は光脱毛が主流でしたが、最近では永久脱毛を希望する男性も増えてきたことから高い脱毛効果が期待できるレーザー脱毛に注目が集まっています。このレーザー脱毛はどういった仕組みでどの様な特徴、脱毛効果、痛みがあるかを説明していきます。

レーザー脱毛の仕組み

レーザー脱毛は、レーザー光線を用いて行う脱毛方法です。レーザー脱毛は選択的光熱治療という方法で行われる施術で、レーザー光のもつ波長の長さに応じ、特定の色や物質にのみに作用することで、その部分に選択的かつ集中的に熱を加えて、組織破壊を起こすことで脱毛を行うという仕組みで行われます。

医療レーザー脱毛は、単一波長の光を増幅させることで皮膚に照射します。レーザー脱毛は皮下の毛の色や、黒いメラニン色素をターゲットにして行われます。単一の波長のためターゲットにのみ作用することができ、表皮やその周辺の細胞は傷つけずに施術できます。

レーザー照射によって、皮下の黒い毛に熱が集中的に吸収されて毛を伝導体として毛包全体へ熱を伝えてきます。その熱が毛の周囲に伝わっていって、毛球部の毛母細胞を破壊することができるのです。その結果毛が生えてこなくなるということで脱毛することが可能になります。

管理人

気が付いたかもしれないけど、実は光脱毛もレーザー脱毛の根本の脱毛の仕組みは同じなんだよね。結局周波数の違いで「光(フラッシュ)脱毛」と呼ぶか「レーザー脱毛」と呼ぶかの違いなんだ。

カーネル

周波数が高くて強力だからこそ、しっかり医師のいる病院でしかレーザー脱毛が受けれないってことじゃの。ちなみに実際にレーザー脱毛を照射する人は医師である必要はないので、そこは豆知識として覚えておいても良いね。

レーザー脱毛の効果

高周波のレーザーで毛母細胞にダメージを与えることで、光脱毛よりも効率的に永久脱毛の効果が期待できる脱毛方法です。

具体的には光脱毛で(月に1~2回の脱毛施術)した場合に1年半から2年かかる永久脱毛も、レーザー脱毛で同じペースで通った場合には、半年程度で完了するケースが多いです。

また、濃い胸毛やヒゲの場合には光脱毛だとパワー不足で脱毛が順調に進まない場合もありますが、レーザー脱毛であればそういった出力不足を心配になる必要はありません。

管理人

脱毛効果で選ぶならニードル脱毛を除けばレーザー脱毛一択といっても良いかな。

カーネル

レーザーの出力が高いから毛母細胞へのダメージも光脱毛より大きい!だからスピーディーに脱毛できる。しっかりと仕組みを理解することもメンズ脱毛選びで重要じゃの。

レーザー脱毛の痛み

レーザー脱毛は光脱毛に比べると痛みが強いというのが一般的な通説です。もちろん痛みの感じ方には個人差がありますが、具体的に痛みを伝えるのであれば輪ゴムでパチンとはじかれたような痛みです。光脱毛は平気でもレーザー脱毛後に肌が紅く腫れてしまうという人もいます。

そのため、デリケートゾーンや肌の薄い部位の脱毛時はある程度の痛みを覚悟して施術を受けましょう。ただ、場合によってあまりにも痛みが強いという場合に、医師に相談すると笑気ガスなどの麻酔や皮膚に塗る麻酔などが利用できる場合もあります。

これは医療機関ならではの対応ですので、気になる方は事前にこの辺りの対応も可能かどうか医師や看護師に聞いておくことで、安心してレーザー脱毛を受けることが出来ます。

管理人

脱毛効果が高い反面、痛みはある程度我慢する必要があるぞ。

カーネル

光(フラッシュ)脱毛である程度痛みに慣れてから効果を求めてレーザー脱毛にトライする方法もある。1つの場所にずっと通う必要がないのもメンズ脱毛の賢い選び方じゃよ。

一般的なレーザー脱毛の施術当日の具体的な流れ

一般的なレーザー脱毛の施術当日の具体的な流れ
これからメンズ脱毛を検討している方はレーザー脱毛が実際にどんな施術が行われるのか、イメージが湧かない方がほとんどだと思います。そこで、一般的なクリニックや病院で行われているレーザー脱毛の施術の流れを紹介していきます。

1:脱毛当日は施術前にサロンやエステが用意した施術着に着替えをします。

2:施術を受ける前日には脱毛箇所の毛をシェービングなどで処理します。毛の処理が充十分に行われていないと施術ができないこともあります。自分でシェービングの難しい個所はクリニックで処理してもらえるかもしれませんが、手の届くところは自身で処理を行います。

3:レーザーの照射漏れを防ぐための照射部位へマーキングし、照射部位範囲をマークしていきます。

4:目の保護を目的にアイマスクやサングラスを装着します。

5:脱毛器の肌の上でのすべりをよくするために、照射部にジェルもしくは冷却材をぬります。

6:レーザーの照射を開始します。脱毛する個所により、毛質や毛の生えている状態、肌の色素の具合などが異なっていますので、その状態に合わせてレーザー出力を調整します。

7:レーザー照射は広範囲を短時間で処理し、ワキなどなら3分程度、膝下や腕などの比較的広い範囲なら30分くらいで完了します。光脱毛に比べて同程度か少し短い施術時間です。

8:施術が終わったら、ジェルを拭き取ります。レーザーを照射した後は、皮膚が熱をもって赤くなっており、その部分を冷たいタオルなどで冷やしたり、クリームなどを塗布してケアします。アフターケアはクリニックによって異なりますが、照射部の炎症を抑えるという目的のためにケアが行われます。もし、肌に異常が出たという場合でも、医師に薬を処方してもらえますので安心です。

管理人

基本的には光(フラッシュ)脱毛と同じだね。でも脱毛時に何か肌トラブルの際に、後ろに医師が控えてくれているのは心強い。

カーネル

確かにね!医師や看護師がいるって点で脱毛サロンより安心感はやっぱりある。

レーザー脱毛のリスクや注意点

レーザー脱毛のリスクや注意点
レーザー脱毛は基本的に医療機関が施術するため安心、安全である事は間違いありませんが、もりろんリスクが全くないというわけではありません。

例えば、日焼けした肌を施術してもらう時には注意が必要です。レーザーが毛根だけでなく肌のメラニン色素に反応して火傷に注意する必要があります。火傷につながらないように出力調整されても、夏レーザー自体の出力が高いため夏場の日焼けシーズンだとこういったトラブルが発生する場合もあります。

また、レーザー光の照射によって、肌の保護機能が一時的に機能しなくなるという場合があり、顔などにニキビができやすくなるという場合があります。2、3週間で治るといわれていますが、ニキビができやすい場合は注意が必要です。

そして冬場は特に脱毛後の肌は乾燥しやすく、肌の乾燥をそのままにしておくと、次の時の施術で痛みを感じやすくなります。そのため、クリニックでアフタージェルなどのサポートもあるますが、万が一無い場合には自分で保湿剤などを利用して肌を保湿するようにしましょう。

管理人

光(フラッシュ)より高出力で強力なレーザーだから肌の負担も大きいくなるのは仕方ないよね。

カーネル

光脱毛もレーザー脱毛も日焼けは大敵!!真夏のシーズンは控えたほうがいいかな。

メンズ脱毛おすすめランキング